バストアップサプリで理想のバストに近づきたい!

バストアップサプリの効果的な摂り方

いろいろな広告で宣伝しているバストアップサプリですが、種類も豊富で、謳い文句は「一番売れています!」や「効果NO.1」など目を引くものが多いですね。しかし実際にその効果のほどはいかがなものなのでしょうか。簡単に買える金額ではないし、もし効果がなかったらその金額はどぶに捨てるようなもの。

 ではバストアップサプリメントは、どのような仕組でバストに働きかけているのでしょう。

 まずサプリメントは女性ホルモンに働きかけるという効果があり、サプリメント自身にバストアップの効果があるわけではありません。  そして女性ホルモンに働きかけ、バストに影響が出始めるには時間がかかります。

 ですから、サプリメントを飲んで「効果がない」と嘆くよりも、長期間継続することをお勧めします。  しかし長期間飲み続けるのにも、抵抗がありますよね。  なにしろ女性ホルモンに働きかけるのですから、何かしら影響があるかもしれません。

 例えばニキビが増えたり、生理不順になったりです。  また個人の体質により、サプリメントと相性が悪い場合もあります。  少量ずつのみ、健康に問題がなければ徐々に適量に近づけていけばよいのです。

 さて、このサプリメントをどう摂取すれば一番効果的でしょうか。  それは飲む時間やプラシーボ効果を利用することです。  飲む時間は空腹時もしくは、寝る前の時間が最も効果的なようです。  と言うのは、サプリメントを食物に邪魔されず体内に吸収するには、空腹時が有効だからです。

 なにより、夜22時から2時の間には女性ホルモンの分泌が盛んになる時間です。  サプリメントは女性ホルモンに働きかけるという役割がありますから、この理由に納得していただけると思います。

 さてプラシーボ効果とは薬だと思って飲めば、たとえ偽薬でも効果が出るという現象です。  つまりサプリメントを摂取する時は「このサプリメントは効く」と自己暗示をかけるのです。

体とは不思議なもので「病は気から」という言葉があるように、効果があると言い聞かせれば自然と体がこたえてくれます。効果が出るのに時間が出るので、その間バストアップのエクササイズをし、相乗効果を期待しましょう。
ザ・クリニック 東京

緊急処置! 洋服でバストアップ

「今日は大事なデート。なんとかバストを大きく見せたい!」という火急の悩みを抱えている方、とりあえずご自分の衣装ケースを見てみましょう。応急処置ですが、手持ちの洋服でバストアップを図る方法をご紹介します。

まず大切なのが、全身のバランスを考えることです。基本となる法則は「上半身大きめ」、「下半身引き締め」です。海外のTVドラマ等をみると、この法則が実にうまく使われていることに感心させられます。上半身は、膨張色のゆったりした服を選ぶようにして、ボトムには細身でタイトなシルエットのものを合わせるようにして下さい。

とはいえ、上半身が太り気味に見られてもいけませんから、ここはベルトでカバーしましょう。この時のポイントは、出来るだけ太めのベルトを着けるようにすることです。ベルトが細いとウエストが太く見えてしまいます。太目のベルトでウエストを締めると、必然的にバストが強調されます。

次に洋服のデザインです。バストが小さいと、どうしても胸が開いているデザインの服は敬遠されがちです。しかし、夏場等の暑い季節の時はそうもいきません。そんな時の裏ワザとして、胸元にラメやリボン、ネックレス等を持ってくることをお勧めします。

却って胸元に視線を集めるような服の方が、逆にバストが小さいという印象を相手に与えず、あなたをポジティブなイメージにしてくれます。

また、寒い季節に断然お勧めしたいのが、補正ブラジャーを着けてからのタートルネックニット、という組み合わせです。

バストが大きい方は、胸が強調されすぎてしまい、男性によっては引いてしまうこともあり、タートルネックニットは逆効果ですが、補正ブラでラインが整えられた小さめのバストは、タートルネックニットとの相性は最高です。

いかがですか?。手持ちの衣装でも工夫次第によっては、あなたのバストを魅力的に見せてくれます。でも一番大切なのは、バストのサイズを気にしない前向きな気持ちですよ。

姿勢を正すだけでバストが大きくなる?

バストアップには様々な方法があります。補正ブラジャーやクリームによるマッサージ等々・・。

しかし、このような道具に頼らない、最も手軽に出来るバストアップ方法があるのをご存知ですか?。それは「姿勢の矯正」です。姿勢を矯正するだけで、小さいバストの見栄えを改善して、バスト自体のサイズアップにも効果があるのです。

一番大事なのは、猫背を直すことです。顎が引けていて、背筋がピンとして肩甲骨がくっきりと浮き出ている立ち姿は美しいものです。見た目だけでなく、内面からの芯の強さも感じられる気がしませんか?

バストが小さいことに悩んでいる方は、ストレッチやマッサージ、前述の補正ブラジャー等を使ってバストアップに努力されていることでしょう。しかし、それを引け目に感じることは全くありません。堂々として、自分に自信を持ちましょう。

猫背の致命的な欠点は、大胸筋の発達を阻害してしまうということです。バストの土台部分となる大胸筋がしっかりしていないと、たとえバストアップできたとしてもすぐに垂れてしまいます。

また、猫背の方によく見られる特徴として、左右どちらかの肩が下がっているという点があります。これも左右のバストの形や大きさがアシンメトリーになってしまう原因になります。

姿勢矯正で気をつけるべきポイントとして、猫背の他に「歩き方」があります。よく高いヒールを履いている女性が、お尻が後ろに突き出ている感じで歩いているのを目にしますが、見た目にもよくありませんし、S字型の猫背に繋がる恐れもあります。

「歩く時には膝から動く」これを肝に銘じておきましょう。

良い姿勢とは、無理な力が入っていない自然な姿勢のことです。

足を肩幅に合わせて開いて顎を引き、背骨と腰を一旦反らせてから力を抜くと、下腹部に力が入るのが分かると思います。この姿勢が理想的な立ち姿です。長時間疲れないのがその証拠です。

日常生活で、常に姿勢を正すことに気をつけて、バストアップに役立てましょう。